給料の手取りが少ない時に役立つ!自分の価値を算出する方法とは

公開日: : 最終更新日:2016/04/15 転職

Pocket

Businessman typing

自分の価値は「時給換算」でわかる!

手取りが少ないとどれだけ会社に搾取されているのか気になるものですよね。
僕も過去に散々な目に合っているからこそ、手取りの重要性を知っています。

しかし、それを自分の価値として考えたらどのような事がわかるでしょうか…。
それはきっとあなたが日ごろ仕事をしていて何かを生み出しているのか?それともただ「作業」としてこなしているだけなのかを知るには持ってこいの方法があります。

それが、「時給換算」です。つまり「手取りを働いた時間で割る」という事!

もし、時給に換算してみてあまりにも低い時給であるのであればもちろん、愕然としますよね…。
その時に「自分はもっと給料をもらってもいいはず!」と少しでも思えたならそれは、転職するべきだってことになります。

仕事内容に見合った手取りなのか?

仕事内容と時給換算した額があまりにも酷い場合、あなたは今現在、損をしている事になります。

なぜなら、他の会社へ転職したら会社にとってもプラスになり、あなたの手取りも増えるというWin-Winの関係が築けるからです。
納得のいく給料(手取り)を受け取る方法として今の会社で給料が上がる事を考えるよりも、基本給が最初から多い会社へ移る方が効率的ではないでしょうか。

そこでもし、納得がいくのであれば、そのままその仕事を続ければいいと思いますが、そうでなければあなたはもったいない事を永遠としている人生になってしまう危険性があるかもしれません。

納得いかない時にする行動とは?

納得がいくまで転職を続ける事がベストですが、そんなスイスイとバカみたいに(僕は転職バカですが…笑)転職できないものですよね。
であれば、転職できる環境に自分を置くということは、するべきではないでしょうか。

例えば、『転職に成功する人がやっている習慣や具体的な行動とは』にも書きましたが、今の求人情報に自分が目指すべき仕事の求人があるのかを調べてみる!
これだけでも一歩前進ではないでしょうか?

僕は納得いかないとトコトン行動する派なので超前向きに「求人情報を見まくりました(笑)」

それがあったからこそ「今」楽しく仕事が出来ているのです。あなたにもそのような仕事との出会いが訪れることを期待しています♪

ちなみに、『「仕事が辛い」と思った時が転職する絶好のタイミング!その理由と5つの具体的な方法』にも記載していますが、僕がよく見ていた転職サイトは、DODAとジョブセンスリンク、リクナビNEXTですね。

また、「今後どの業種に転職したらいいのか分からない…。」と思っているのであれば、あなたがどの業種に合うのか無料で(もちろんネット上で)診断してもらえる【無料!転職力診断テスト】をしてみるのもアリだと思いますよ♪

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

関連記事

転職de天職|成功する人失敗する人の特徴とは

転職したら「天職」に出会える!? 今の現状に満足している人は必ずしもその仕事がしたくて「天職」

記事を読む

仕事を辞めたいと思う公務員は多い!民間企業で元公務員は歓迎されるって本当?

「元公務員」は企業で重宝される!? もちろん人にもよりますが、僕が以前勤めていた会社では、元公

記事を読む

「就職・転職に有利な資格は宅建!」を信じて宅建を独学で取得したその後…

独学で宅建取得を目指す! 未経験で不動産会社の営業職として入社し一週間もしないまま辞めた僕でし

記事を読む

仕事が憂鬱だから転職するって自己中なの!?ストレスが溜まる仕事は辞めるべき?

仕事が憂鬱と感じ始めたら転職のサインかも 普段の生活の中で、出勤する時など、誰でも一度は憂鬱な

記事を読む

仕事の悩みは人生の悩み?真剣に転職を考える事の重要性とは

仕事=人生と考えるのが最適? 社会人になれば仕事をするのが義務づけられますし、それが当たり前と

記事を読む

おすすめの転職サイト一覧!これから転職・就職するならコレで決まり

2017年は何がなんでも転職! 今年の2017年は、去年の2016年に比べると転職する人が

記事を読む

アラサーで転職を考えるあなたに。派遣社員という選択肢!?

24~26歳で転職を考え始める人がピークを迎えると言われる日本ですが、入社3~4年目で誰でも

記事を読む

転職エージェントは絞るべき?それとも複数使うべき!?

自分の仕事にもやもやし、一大決心をして「転職しよう」と決めた人。または感覚的に「この仕事を一

記事を読む

仕事を辞めたい!30代から転職するってやっぱり不利?

実録!30代でも転職は可能です! 僕は実際に30歳になってからも転職をした経験があります。

記事を読む

仕事の人間関係に「もう限界」と感じたら転職のサイン!?

仕事の人間関係がもたらす負のスパイラル 毎日の仕事で顔を合わせる上司や同僚、後輩、取引先の人達

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑