職務経歴書って何?書類選考突破だけが目標じゃダメな理由とは?

公開日: : 転職

Pocket


転職活動を始めてまず作成が必要なのが「履歴書」と「職務経歴書」。
特に職務経歴書に関しては聞いたこともなく、「何を書いたらいいの!?」という経験をされた方もいるのでは?

転職エージェントに登録する時点でほぼ完成していること、そしてそれに基づいてコンサルタントと面談することが一番望ましい形です。

そこで、そもそも履歴書と職務経歴書それぞれの役割の違いや、その後の面接で戦略的に自己アピールする為の書き方を、僕なりの考えでまとめてみました。

履歴書と職務経歴書の役割って何が違うの?

転職活動を始めると、かなり初期段階で頭を悩ます事になる職務経歴書。僕に限って言えばそれまで耳にしたことすらもなかったので、「履歴書の他にこれも書くの?」と違いが分からず戸惑ったのを今でもよく覚えています。

マイナビ転職DODAでも特設ページを作って解説しているように、転職活動をする上でとても重要な書類だということは間違いないようですが、どのように書くのがベストなのでしょうか?
僕なりに考えた履歴書と職務経歴書の違いは下記のようなポイントです。

履歴書と職務経歴書の違い

「履歴書」
・自分の表面的なデータを正確に書くもの
・主観・客観に左右されない内容
・過去のことを時間軸に沿って書くもの

「職務経歴書」
・実績や数値に基づき仕事内容も含めて具体的に書く
・必ずしも時間軸に沿わなくてもよく、業務毎、プロジェクト毎など分かりやすければ問題ない

つまり、たんたんと事実を書くのが履歴書、職務内容や強みなどより詳しくかけるのが職務経歴書といったところでしょうか?
書式に関しても決まった形がないのがまたやっかいでもあります。

DODAのこちらのリンクでは業種毎にサンプルをダウロードできますのでかなり参考になると思います。
縦に経歴を羅列するパターンもあれば、プロジェクト毎に横に区切るフォーマットもあり、様々なタイプを見て研究しているうちに大事なのは「何をアピールするか」だという事に気付きました。

書類選考通過が目的じゃダメ?職務経歴書は面接で役立つ!

かつて僕が転職エージェントにお世話になった時の話ですが、エージェントに登録するとまず自分のプロフィールを登録し、その際に履歴書と職務経歴書も添付するパターンがほとんどです。
そうすると、担当のコンサルタントの方が面談までにその職務経歴書を参考にどんな仕事を紹介できるか調べておいてくれ、実際に面談の際に希望とすり合わせつつ、応募する案件をその場で決める。といった流れでした。

以前「転職エージェントは絞るべき?それとも複数使うべき!? 」でもお話ししましたが、一度面談に行くとその日からどんどん進みます!

その時思ったのですが、どんな経験をしてきてどんな仕事が得意か、それを活かして今後どんな仕事に就きたいかということを、どれくらい分かりやく書いているかで、その後の転職活動は大きく変わるのでないでしょうか?
エージェント登録の際に勝負は始まっているのです(笑)というと大げさですが、強みややりたい事が伝わるように書けばスムーズにコンサルタントと話が進む事は間違いないでしょう。

では、どうやったら分かりやすく書けるのかですが、以下ポイントが重要です。

①とにかく具体的な数字で表す
②レイアウトは見やすく整理する
③アピールするポイントを絞って書く(スキル?実績?経験?)
④面接で聞いて欲しい箇所は詳しく、目立つように書く

抽象的ではありますが、この4つのポイントに注意して書くことをオススメします。職務経歴書をベースに面接官から質問されるということを意識して書くだけで、書類は通ったけど1次面接を突破できないといったようなことを防げます。
いかに面接官に、自分の得意な事、自信がある部分に関して聞いてもらえるかが面接を突破するのに重要ですので、戦略的に準備していきたいところです。

数字にこだわって書くとより面接で使える!?

さらに面接まで見越して書くとすれば、とにかく実績に基づいた数字で具体的に書くことをオススメします。
業務に対するこちらの理解度を証明するチャンスですし、面接官も数字で明示された方がイメージしやすくそこに関して質問してきてくれる確率はかなり高くなると思います。

例えば「半年で売上○%改善」のように書くと、「この結果を出す為にどのような取り組みをしましたか?」などと、自分が力をいれたポイントを自然と掘り下げて質問してもらえる可能性が高くなります。
「強みは何ですか?」といったストレートな質問は困りますが、このように経験や実績ベースで自然に話すことができれば面接を通過できる可能性も同時にあがるのではないでしょうか?

少々抽象的なことばかりお話ししてしまいましたが、是非、面接まで見越した職務経歴書を作成してみて下さい!

関連記事

2016年に転職する際におすすめの職種は?業界別に紹介!

これから転職するならどの職種がおすすめ? 今年1年を振り返ってみて、「やっぱり転職したいな

記事を読む

「就職・転職に有利な資格は宅建!」を信じて宅建を独学で取得したその後…

独学で宅建取得を目指す! 未経験で不動産会社の営業職として入社し一週間もしないまま辞めた僕でし

記事を読む

おすすめの転職サイト一覧!これから転職・就職するならコレで決まり

2017年は何がなんでも転職! 今年の2017年は、去年の2016年に比べると転職する人が

記事を読む

仕事を辞めたいと思う公務員は多い!民間企業で元公務員は歓迎されるって本当?

「元公務員」は企業で重宝される!? もちろん人にもよりますが、僕が以前勤めていた会社では、元公

記事を読む

給料の手取りが少ない時に役立つ!自分の価値を算出する方法とは

自分の価値は「時給換算」でわかる! 手取りが少ないとどれだけ会社に搾取されているのか気になるも

記事を読む

30代の当サイト管理人が2015年、転職に成功!?その具体的な方法を大公開!

転職を繰り返して分かった自分の「転職力」 当サイトの管理人である僕は2015年現在31歳です。

記事を読む

仕事の悩みは人生の悩み?真剣に転職を考える事の重要性とは

仕事=人生と考えるのが最適? 社会人になれば仕事をするのが義務づけられますし、それが当たり前と

記事を読む

転職理由として「給料が安い」は適切?不適切?

少しでも給料が高い仕事を選択せよ 以前に『「給料が安いから転職する」は間違い!?業界や職業

記事を読む

薬剤師の給料が安いという悩み解決策!病院勤務や地方での勤務は?薬局経営は?リアル口コミ

薬剤師の働き方には複数ある 僕の周りには薬剤師という立派な資格を持った人が数人いますので、実情

記事を読む

転職して失敗や後悔を感じている?うつ病っぽい?そんな人がすべき行動とは

転職は失敗かもと後悔している人が起こすべき3つの行動 意を決して転職したが、「想像していた

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑