転職理由として「給料が安い」は適切?不適切?

公開日: : 最終更新日:2016/04/15 転職

Pocket

1223546855

少しでも給料が高い仕事を選択せよ

以前に『「給料が安いから転職する」は間違い!?業界や職業を選択するポイント』でも話した事があるが、給料が安いから転職するというのは間違いではない。
なぜなら、生活の為に仕事をする人が大半なため、どうせ同じ時間を労働に費やすのなら、少しでも給料が高い方が良いに決まっているからです!

実際に僕自身もそのような理由で転職したタイプでもあります。

もちろん転職活動の面接では、「今の職場の給料が安いので、将来を考えて転職しようと決意しました」と言っていました。

営業職であれば、売上があってこその給料と考えられるため過去の実績が必要になるかもしれませんが、運営などの管理職であれば「給料が安い」というストレートに言わなくても同じ意味合いで面接官に伝わることもあります。

具体的な事は以下にまとめてありますので読み進めてみてくださいね。

面接で上手に転職理由を話す方法

面接時に転職理由(今回の場合は給料が安い)を話す際、単純に「給料が安いから」という言い方や理由を付けた言い方など、さまざまな伝え方があると思います。
伝え方を考えた場合、以下の3つの言い方を選択すると効果的と言えます。

1.「時給換算する」と、アルバイトより給料が安い
2.「営業成績から考える」と給料が安い
3.「過去の職業と比較して」給料が安い

「時給換算する」と、アルバイトより給料が安い

時給に換算している時点で、仕事量が多いと分かります。
その仕事を全うしようとしているがために残業をしているというエピソードが面接の際に話せる事ができるでしょう。

その際、あまりにも仕事が遅いと印象付けられてしまうと逆効果ですので、「仕事ができる人」ということをアピールする必要もあります。
そうすると、「仕事をきっちりとしているのに、この給料では確かに生活が大変だね。」と同情を引く事が可能です。

そのような話をすると、「うちは、君に今の1.2倍の給料は最低でも払うよ」等と言ってくれる面接官もいるぐらいです。

自分はこれだけの仕事をする事が可能だから優秀な人材なんですというアピールは忘れないようにしましょう。

「営業成績から考える」と給料が安い

これは営業職の人に言えることですが、僕も不動産営業をしている時に実際に思っていたことでもあります。

自分が売上としてあげた金額から考えるとボーナスもインセンティブも無いのでは、あまりにもモチベーションが下がりますし、転職もしたくなります。
売上金額がある以上、それを堂々と面接官に伝えたうえで、自分の給料は安いとストレートに伝えると効果的です。

もし、売上金額が面接官の思っている以上であれば、優秀な人材と一瞬で見られるためプラスの印象を与える事が可能です。

また、個人的にはある程度なら話(営業成績)を盛って伝えても良いと思っています(笑)

転職するのですから、転職する企業に「自分はできる人材だ」「転職してもやれるポテンシャルがある」とアピールする事は必要ですからね。

「過去の職業と比較して」給料が安い

このような人は、今すぐ転職する事が望ましいでしょう。
なぜなら、過去の仕事の方が良かったと思っている人が多いからです。僕も過去にこのような思いがあって転職した経験があります。

希望を持って今の会社へ転職したら、想像以上に残業が多く、「前の会社の方が結果的にお金も時間もあったな。。。」と思った程です。

転職する際は、「入社前と後で、条件が違った」もしくは、「入社後に事業が傾いたため、減給された」と言えば、面接官も納得してくれるはずです。
これは、僕が実際に使った方法ですので、効果はばっちりです(笑)。

その時によく使った転職サイトが、「ジョブセンスリンク」と「リクナビNEXT」と「DODA」ですね。

この3つは、毎日見ていましたし、転職活動をする際は必ず「誰でもできる!無料の転職力診断」もやって自分自身の転職力を知ってから行動していました(笑)

今回のまとめ

●転職理由で「給料が安い」と言うならしっかりとした理由付けが大事!
●転職をする前に必ず「誰でもできる!無料の転職力診断」をする!
●毎日見ていた転職サイトは「ジョブセンスリンク」と「リクナビNEXT」「DODA」である

関連記事

転職de天職|成功する人失敗する人の特徴とは

転職したら「天職」に出会える!? 今の現状に満足している人は必ずしもその仕事がしたくて「天職」

記事を読む

仕事が辛すぎて鬱になった!鬱はキャリアに影響する?

鬱病は誰しも発症する可能性のある病気です。自分が鬱病にかかったことのない人間は口をそろえていいま

記事を読む

仕事の悩みは人生の悩み?真剣に転職を考える事の重要性とは

仕事=人生と考えるのが最適? 社会人になれば仕事をするのが義務づけられますし、それが当たり前と

記事を読む

薬剤師の給料が安いという悩み解決策!病院勤務や地方での勤務は?薬局経営は?リアル口コミ

薬剤師の働き方には複数ある 僕の周りには薬剤師という立派な資格を持った人が数人いますので、実情

記事を読む

転職市場で自分の価値を上げるには?キャリアアップの秘訣

転職市場での成功と失敗 転職市場では上手く転職を繰り返し、キャリアアップし30代で外資系企

記事を読む

東日本大震災を転職理由にした薬剤師の本音とは

震災、放射能で転職を余儀なくされた者達 2011年3月11日、東日本大震災。 僕の地元である

記事を読む

仕事を変える時にまずやらなければいけない3つの事!

仕事を変えたい(変える)!と思うのは簡単 僕もかつてはそうでしたが、仕事をしていると嫌な事や辛

記事を読む

年末は就職・転職が決まらないはウソ!?転職活動するなら「年末」が狙い目?

転職活動するなら「年末」が狙い目? 一年の締めくくりである年末は就職・転職が決まらないと言われ

記事を読む

仕事の人間関係に「もう限界」と感じたら転職のサイン!?

仕事の人間関係がもたらす負のスパイラル 毎日の仕事で顔を合わせる上司や同僚、後輩、取引先の人達

記事を読む

転職エージェントは絞るべき?それとも複数使うべき!?

自分の仕事にもやもやし、一大決心をして「転職しよう」と決めた人。または感覚的に「この仕事を一

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑