20代で転職に成功した体験と秘訣!不動産業→IT業界へチャレンジしたら…

公開日: : 最終更新日:2016/04/15 転職体験

Pocket

business-success

転職をしようと決めたキッカケ

なんとか不動産業を胃腸が痛くなりながらも続けていたが、会社の新年会に参加した際に、「もう辞めようと」転職を決心しました。
新年会までは良かったのですが、その二次回の出来事です。

(胃腸が痛くなったり夜中に吐き気がしていた不動産業の話は『職場の人間関係でストレスMAX!胃腸炎、吐き気の最悪な環境…』を見てもらえたらと思います。)

無理矢理カラオケに連れて行かれ、「お前下っ端なんだから盛り上げる曲を歌え!」「歌わないなら盛り上げろ!」など酔っ払いの先輩Aにあーだこーだ言われ、「はい、はい・・・。」と受け答えをしていました。
しかし、その僕の態度にキレた酔っ払い先輩Bが、僕の顔面めがけておしぼりをぶん投げてきたのです!!

「・・・」

これは僕もぶち切れましたね!気付いたら先輩Bを殴っていました(笑)
周囲にいる人に止められましたが心底「この会社のルールもそうだが、社員もクソだな。」と思ったのです。

ネガティブに聞こえるかもしれませんが、これが現実的に転職を決意したリアルな話です。

将来的に何がしたいか

それからという毎日、転職するとしたらどんな業界に行く?職種は?給料は?そもそも自分は将来的に何がしたいのか?など自問自答の日々でした。
もちろん仕事には行きますが、営業に行くふりをしてネットカフェなどで時間をつぶしてあれこれを考えていたのです。

当時、僕が考えた事や行動してた事

1.好きな事と嫌いな事を書きだした
2.将来の自分の姿をポジティブに想像してみた
3.「IT業界」が伸びるだろうと予測した

好きな事と嫌いな事を書きだした

自分が生きてきた中で「これ楽しい」「これは嫌だ!」みたいな事って必ず誰しもが経験していて分かっている事だと思います。
自分の棚卸として、僕が書きだした事は・・・

【好きな事】
サッカー
ファッション
音楽
パソコンやガジェット類
お酒
イベント
女の子

【嫌いな事】
汚い、臭い事
満員電車
無駄な営業活動
昭和を感じる古い考え
理不尽な事
地味な事
肉体労働

こんな感じだったと思います。(笑)
照らし合わせるときは、「お酒は好きだけど、飲食業は洗い物とかあるから駄目だな。」とか、「肉体労働なイベント関係もダメ。」ってな感じで仕事するならという風に置き換えて考えました。

書き出してみると頭の中がクリーンになってロジック的に物事を判断できるような感覚ですのでオススメです!

将来の自分の姿をポジティブに想像してみた

よれよれのスーツを着ながら満員電車に乗って毎日会社へ出社するのは嫌だな~と思っていたのです。
それは不動産業をしている時に、ふと鏡に映ったスーツ姿の自分を見た時に感じました。

理想を掲げてみよう!という軽い気持ちで、「スーツは着ないで、私服とかジャケットにデニムとかで仕事したらカッコイイかも!」なんて妄想をすると楽しくなってきました。
そんな夢のような仕事(職場)ってあるのか?とか思いながらとにかくノートに書きまくった事を覚えています。

「IT業界」が伸びるだろうと予測した

業界や職種の話ですが、当時していた不動産業も地域を変えた途端に、今までの情報の意味が無くなるような気がしていたのです。

沖縄に住んでいる人は東京の土地を欲しがらない人が多いでしょうし、東京に住んでいる人は北海道の土地など気にも留めない人がいたりするように、そこに居続けなければ使えない情報だったりスキルなのかもしれない・・・と。

じゃあ、どこに居ても同じ情報を使えるうえに、海外に居ても仕事ができるのってあるのかな?と考えた時に「インターネット業界しかない!!」って強く感じたのです。

次に、IT業っていっても職種はさまざま。プログラムも書けないしWebデザインもできない。かといってサーバー管理とかもできないしなと諦めかけていた時に気付いたのです。
ネットにある情報ってほとんど「テキスト」つまり文章だなと。

文章なら日本語が理解してる時点ですぐチャレンジできるのではないか?と言う事で早速、求人情報を探し転職活動を開始したのです。

求人応募~面接~転職成功

当時はまだまだ発展途上のインターネットの世界。
だからこそ、血眼になりながらもリクナビNEXTや、ジョブセンスリンク、DODAなどの複数の求人サイトを見まくりましたね!

また、自分にどの業種に合うのか無料で(もちろんネット上で)診断してもらえる【無料!転職力診断テスト】をしたのも今思えば良かったなと思ってます♪

ITの求人といえば当時も今もかわりませんが、ほとんどがWebデザイナーの求人募集でした。
そんな中、『Webマーケター』といわれる職業があると知り、その職業をしたい!と強く思ったのを今でも覚えています。

Webマーケターは、インターネット上で何が売れるか、売れるためにはどんな施策をするべきか、キャッシュポイントはどこか等、売り上げを上げるためにはどのような事業をするかと考え行動する「Webマーケティング」が仕事です。

たまたま見つけた新宿のインターネットビジネスをしている会社へ面接に行く事になり、まずは担当部署の責任者と面接しました。
そこでは、決まりきった「志望動機」「入社したら何がしたいのか」「自己PR」などが聞かれました。(少し忘れているかもしれませんが…。)

そのあとに社長との面接でした。この会社は10人未満の会社でしたので社長も身近にいて話せる会社でした。今でいうベンチャー企業ですかね。

社長からは、『インターネット業は華やかに見えてとても地味な世界だがそれでもやりたいか?』など最終確認程度だったのがとても意外でした。
結果から言いますと、この会社に採用が決まったのですが、今思えば本当に「地味な世界」だなと実感していますね(笑)

当時の転職活動として他の求人も見たりしましたが、この会社にしか応募していませんし、面接に行ったのもこの会社のみでした。
まさに狙い撃ち!な転職成功体験だったのですが、今でも転職活動している時には「御社にしか応募していません!」と伝えるようにしています。

そうすると「採用する側は、気持ちが入ってるな」と感じてくれる事が多いですからね。
これから転職する人は参考にしてみてください♪

転職するタイミングや具体的な方法は『「仕事が辛い」と思った時が転職する絶好のタイミング!その理由と5つの具体的な方法』を見てみてくださいね。

関連記事

エンジニアの友人が転職活動を始めたので詳しくその流れを聞いてみた

転職エージェントに登録すると、具体的にはどんな流れで仕事を紹介してもらえるのか、気になるところだと思

記事を読む

「仕事に行きたくない」は甘えなのか!?不動産営業という仕事

今日の仕事もビラをポスティング? 不動産営業職に就職して3日目の朝を迎えたが、前日のビラを20

記事を読む

職場の人間関係でストレスMAX!胃腸炎、吐き気の最悪な環境・・・

人事異動のおかげで職場環境が激変!? 「昭和」みたいな不動産の会社へ就職した当時、会社は3つの

記事を読む

仕事が辛いのは新人なら当たり前!?『IT業界』は本当に地味だった?

はじめての「IT業界」 不動産業からIT業界へ転職し、やる気は人一倍強く出勤も定時30分前に出

記事を読む

スーツで初仕事!不動産営業は苦痛でしかなかった…。

スーツで就活!目指すは不動産営業マン! 大検を取得した僕は、正社員の仕事がしたいと思うようにな

記事を読む

仕事の悩みは身内に相談しても意味が無い!?リアルな体験から学んだ解決方法

仕事の悩みがストレスの原因!? 仕事の悩みと言っても、「仕事内容」や「職場の人間関係」、「給料

記事を読む

出勤初日で「この職場に馴染めない」と感じたらすぐ辞める!?

整列!!大きな声で挨拶?労働というより横暴ですか? 大検を取得する為に前職の派遣社員を辞めた僕

記事を読む

アルバイトには有給休暇がない!?そんな会社は「ブラック企業」ではないのか!?

アルバイトからスタートしたIT企業はもしかしてブラック企業なの? 転職を何度もしていると、正社

記事を読む

職場の理不尽な対応が「ブラック企業?」と感じた働き先での事件!?

窃盗の犯人にされた!?「盗んだお金を払え!」 前回の「出勤初日でこの職場に馴染めないと感じたら

記事を読む

「お前、この仕事に向いてないと言われた」地獄の派遣社員時代

宇宙服?名前ゼッケン?とてもダサいなこれ! 二十歳の時に大検(高校認定試験)を取得するまで中卒

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑